フォト

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

2013年9月1日 - 2013年9月7日

2013年9月 4日 (水)

青春の味の再確認

記事を書いたら、エラーで全部消えてしまったという・・・最近よくあるハプニング。

めげずに書くぞ!

えーっと・・・用事とかない限り、めったにハゲゾウと都会なところへお出かけすることはないのだけれど、この数週間の間に2回もハゲゾウの苦手な都会な京都で、お茶する機会があった。どんな機会

しかも、誰も興味ないのに私の青春の味を確認しに、有名な甘味処へ。

まずは、お墓参りの帰りに寄った祇園の都路里さん。

軽く15年以上ぶりに、ここのかき氷が食べたくなり、気の進まないハゲゾウを連れお店まで行くと、お昼前にも関わらず、やっぱり長蛇の列。

並んでいる間、凍ったおしぼりを配ってくれたり、なかなかのサービス。

並びながら、かき氷にしようかパフェにしようかと悩み、やっぱりこんなチャンスはもうないかもと思い、青春の味のかき氷を注文することにした。

青春の味、都路里さんのかき氷は、粉雪のようにフワフワで口に入れるとさ~と溶けるようなかき氷だった。

ハゲゾウに自慢げに語っていたら、氷が出てきた~

でーん

2013tujiri_2

シロップは、抹茶みつとミルクみつが半分づつかかった「おぼろがけ」。

青春の味を想像しながら、一口。

えっ

あれっ

えっ

もう一口。

あれっ。

フワフワじゃない

デラックスやけど、確かにシロップはおいしいけど、肝心の氷自体はフツー・・・。

しょーーーっく

外は暑かったけれど、店内はクーラーが効いていて、このでっかいかき氷を完食するには無理があった四十路の女。

ほとんど、ハゲゾーが食べてくれた。

ちなみに、ハゲゾーは、マダムらしくお上品なのを注文しておりました。

2013tujiri2_2
お抹茶とおぜんざい。

途中から、私がいただきました。おいしかったわ~。

青春の味を再確認するには、無理があったと確認したのであった。

そして、先週末、私の用事にハゲゾウがお供してくれ、帰りに甘いものが食べたいということになり、わざわざ清水寺方面まで行った。

そうだ!と思いだし、20年ぐらい前に行った二年坂の「かさぎ屋」さんのおぜんざいを食べにいくことに。

お店の名前すら忘れてたが、行けばすぐに分かると思い、清水寺参道を散策。

この辺だったかな~と坂を下がって、すぐに発見。

こじーんまりした古民家の小さなかわいらしいお店で、当時は店の外にも列ができていた。

日曜日なのに列もなく、扉をそろりと開けると、お客さんが一組。

当時は、確かおばあさんが切り盛りされていた記憶だったけど、さすがに代が変わり、女将さんが出てこられた。

お店は、まちがいなくここ。

大丈夫かなと思いながらも青春の味、おぜんざいを注文。

ハゲゾウは、食べたかった「亀山」(汁っけのないあんこだけのおぜんざいみたいなの)を注文。

しばらくして、おぜんざいが出てきた。

2013kasagiya2_2

あっさりしていて、小さなお餅が入っています。

さらさら~と頂けるおぜんざいです。

ただ、あんこが潰れていて皮だらけだったのが残念。

こんなんだったけな~

ハゲゾウが、お抹茶付で注文した亀山はこんなかんじです。

2013kasagiya_2
あんこ盛りだくさん。

ハゲゾウもあんこの潰れ具合が気になったそう。

久しぶりに京都をプチ散策できて、まぁよかったかな。

2013kyoto

青春の味は確認できなかった甘味処ツアーどしたえ。

かさぎ屋さん食べログ

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ