フォト

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2006年10月1日 - 2006年10月7日

2006年10月 7日 (土)

第三者監理 中間検査

Cimg0927  本日は、第三者監理の方中心の我が家の中間検査の日でした。

予定時刻の14:00に現場に到着すると、もうすでに検査が始まっていました しまった・・・

少し小雨模様の天気で少し肌寒かったのですが、現場の方々は、それにも負けず我が家の建築に頑張ってくれておりました。

検査のほうは、ハンマーシュミット?って機械でコンクリートの強度をチェックしたり、柱金物の適合を見たり、釘の打ち方を見たりなどされておられました。基本的にハゲ象は一緒にいてもわからないので、久しぶりに家の中に入れたので、興味津々で我が家の中を歩き回っていました。

Cimg09292階部分にもはしごを使って上がらせて貰えたので、一部施工されている瓦屋根を上から除いて見ることに・・・ ドキドキしながら除いてみると先日の夜に見たのとはかなり違って、少し茶色の瓦が目立つ感じがありますが、意外と綺麗にまとまっております。うり坊さんもこれなら大丈夫って言ってくれたので、一安心できました。でももうちょっと白色の瓦の割合を増やしておけばよかったのかも・・・

検査の結果は、外壁の下地合板を貼るための釘が若干不足しているので、それを追加するようにとのことでした。それ以外は、特に際立って、悪い箇所も見当たらず問題ないとのことでした。次回の検査は、最終の引渡し前後の完成検査となるので、それまではハゲ象のほうで出来る限りチェックしておくようにとのことでした。 できるかな~・・・(^^;

それと1階のには、当初うり坊さんのパウダールームってことで2.75畳の部屋を用意していたのですが、そこが恐らくショコラ姫の専用ルームになりそうなので、今更ながら換気扇の追加が可能か恐る恐る聞いてみると、今なら間に合いますってことで追加して頂きました。これでショコラ姫のう○こ臭さが少しは軽減できるはずですが、これまた予定外の出費になりそうでショコラ姫は金がかかります・・・

我が家の裏側の家の建築現場なのですが、かなりおしゃれなのです。足場にカーテンみたいな覆いがしてあることから推測して、なんと壁が塗り壁っぽいのです。やられた~!!って感じで少し凹み気味。これでかなり我が家のデザインが劣勢になること間違いなし。なんとか外構で挽回を図らなくては・・・ それにしても裏の家は金持ちだ・・・

2006年10月 5日 (木)

破風がつきました そして・・・

本日は、朝から雨・雨・雨・・・

夜になってもやむ気配はありません。なんでも関東地方に向かって台風が接近して、秋雨前線を刺激しているかららしんですが・・・

そんな状態でも、今日も会社帰りに建築現場に行ってきました。

今日は、雨でも写真を撮るつもりでカメラ持参です。

う~ん、外観をみてもどこが工事されたのかわかりません?屋根瓦も施工されている形跡はない・・・ もしかして今日は作業が雨で中止になったのかな?って思ってじっくり見ていると、屋根の軒の部分に破風(?確か設計の時の打合せでこのように機器ましたが・・・)が設置されているじゃないですか!とりあえず写真写真っと意味なくとってみます。Cimg0917

破風も白、壁も白、窓枠も白で我が家は白づくめです。現状は外壁部分は下地の合板が貼られただけなので、逆に白が茶色ベースに栄えて見えるんですが、白色のサイディングが貼られると、本当に真っ白な家になって少し味気なく感じるかも・・・

ちなみこの破風ってなんのためにあるんでしょうね?飾り? 知ってる人教えてくださ~い!

そして、帰ろうと思って車に戻ろうとすると、1階の屋根の一部に瓦が施工されているじゃありませんか~!!! これは?って思って見に行ったんですが、地面からは見えません。隣の家の足場に勝手に上って、隠し幕の隙間からようやく我が家の瓦が見えました!(隙間が小さすぎて写真は撮れませんでした)

ん?あれ?濃い!濃いんです!!! 想像以上に瓦の色が濃い さらに3色のマーブルが本当にマーブルで一色一色が強調しあって、バラバラって感じです。やってしまった・・・って少し落胆。まぁ、今日は雨のせいで濡れて瓦の色が濃く見えるのかもしれないと自分に言い聞かせて、帰ってきましたけど。ちょっと気負いすぎてて悲しかったです。(;;

土曜日には天気も回復して、瓦も全面に施工されていると思うので、そのときに我が家の屋根の全貌が明らかとなります。うわ~ 不安・・・

2006年10月 4日 (水)

全箇所窓が付きました

今日も仕事帰りに新築現場に寄ってみました。

しかし、残念ながら雨が降ってます。雨?って思って、屋根の瓦が貼られたかな?って恐る恐る見てみましたが、残念ながら昨日と変化が見られません・・・ 明日、明後日と天気が悪いのに、いつぐらいに施工していただけるんでしょうね~ はやく見て~よ~!!ブ~ブ~

仕方がないので、家の周りの水溜りに注意しながら、ぐるっと一周してみました。昨日まで一部は窓が取り付けられてなかったのですが、今日で全て取り付けられたみたいです。これで、雨が降っても内部が濡れる心配はありません。一安心(^^V

その他の進捗状況としては、玄関部とバルコニーの軒下部分に垂れ壁?用の建材が施工されていました。なんだろこれ?Cimg0915

Cimg0916

ちなみに我が家の裏の家が本日上棟されました。おめでと~ パチパチパチ・・・

勝手に内部に侵入してみましたが、この家は設計の最終段階で家の中央部に中庭をつくるプランに急遽変更になって、設計士さんが泣きそうになっていた家です。

玄関のホールから中庭を見える構造になっており、なかなかおしゃれです。でも、建材だけの状態では、どこに何の部屋が来るのか想像できず、よくわからない状態でした。ただ、中庭の上部には2階の部屋と部屋をつなぐ渡り廊下?らしきものがつくようです。でも現状では屋根がないので、雨が降ったら出られないんちゃうの?って感じです。

我が建築エリアはオ○ミ住宅の標準仕様で建てた家が多く、結構さみしい住宅地なので、裏とお隣さんは少しこだわった家を建てられているので、我が家の家が浮くこともなく、ちょうどよかったです。ただ、周りに負けて我が家がボケてしまう恐れは大ですが・・・

また我が家の見学ついでに、この家もどんな家になるのかこっそり探索したいと思います。

本日は、雨だったので写真をとれませんでした・・・ 残念!(;;

(ちなみに掲載の写真は翌日に雨の中、無理やり撮った写真です)

2006年10月 3日 (火)

窓ガラスに玄関ドアが登場です

本日は、昨夜からうり坊さんの唇に口唇ヘルペスができてしまって、これがまたヒドイ状況で病院に行ってもらうため、会社はお休みでした。会社の始業時間が早く、通勤時間も長くて、さらには家事、そしておまけにショコラ姫登場で気が休まる暇がなくストレスで発症してしまってるようなんです・・・ ごめんね うり坊さん苦労ばっかりかけまして・・・

と言うわけで、本日は夕食を早く済ませて、うり坊さん同行で建築現場に行ってまいりました。うり坊さんはかなりのお疲れモードで車内ではずっと睡魔と闘って、ついには負けていましたが・・・Cimg0906

現場に到着すると、昨日まで窓枠だけだった部分にガラスが入っています(一部除く)。昨日みた弓形出窓には格子が入っているタイプを選んだんですがこれがまたGOOD!です。その窓の上の2階部分もこだわって3枚の上げ下げ窓を3連タイプにくっつけた仕様にしたんですがこれも正解!さらにこの窓には、周りをモールで囲み、窓下には、フラワーボックスまで付いちゃうのです。ちょっとやり過ぎかもわかりませんが、現状ではいい感じです。その他の窓の高さや位置も2階寝室の引き違い窓だけがお隣さんと被ってますが、それ以外はいい位置に付いたと思います。

Cimg0908 さらにさらに、本日は、玄関ドアがついておりました。白の外壁に薄いグリーンのドアです。これはうり坊さんのコーディネートです。いい感じに仕上がってほしいけど、ドアには傷よけのダンボールが全面に張ってあるので、ドアの全景がわからないのが残念です。

でもこのドアのお陰で、全ての開口部が塞がれてしまって、家の中に入ることが出来なくなってしまいました。いつも作業時間中は仕事で行くことが出来ないので、家に入れるのは土曜日のみになってしまった 残念・・・(;;

これで今後の内部状況の確認は、一階のLDK部分の吐き出し窓からしか出来なくなったのです。

あと、昨日山積みになっていた屋根瓦ですが、それが大分なくなっていたので、屋根に貼られたかな?って思ってみてみると、残念ながら屋根に持って上がって、数箇所に分けて置いてあるだけで、まだ施工されていませんでした。怖いけど早く見たいよ~ でも見れるのは夜だけなんで日中の色合いの確認は今週末にしか出来そうにないですな~

明日の夕方から天気予報では雨模様になってるんで、明日中には屋根瓦の施工を完了していただきたいものです。完了するかな?雨が降る前に・・・・

2006年10月 2日 (月)

窓枠が入りました~

本日も会社帰りにプラプラっと建築現場に寄ってみました。

すると~すると~ なんと窓枠が取り付けてあるじゃないですか~ ひゅ~ひゅ~Cimg0897

なんか窓枠が取り付けられると家がしまって見えますね。どんどん家が建つんだな~って実感がわきます。我が家の西側の一階部分には弓形出窓が付くんですがこれが半端じゃなくデカイ!でもかっこいい~ しか~し、ここは西側 真夏の夕方の西日が恐ろしいです。もちろん何も考えず普通のペアガラス仕様なので、遮熱ガラスにしとけばよかったって今になって後悔しております・・・

でもでも本当に窓枠がつくだけで雰囲気ってかわるんですね~ しつこいですけど・・・

北側には玄関部分があり、吹き抜け&2階は通路が壁沿いに走っているので、窓がいっぱい付いてて、北西側からのショットが我が家のベストショットになりそうです。(^O^VCimg0900

建築現場の周辺には瓦が山積みなっております。暗くてあんまり色がわかりませんが、我が家はオレンジベースで3色の色をマーブル状に混ぜて配置して頂きます。多少オプションってことで別途料金が発生しているので、上手に仕上がってほしいけど、いったいどんな仕上がりになるのやら 少し期待と少し不安で落ち着きません。 明日は瓦が取り付けられるのかな~

2006年10月 1日 (日)

柱金物の確認ですわい

本日は、上棟も終わって軸組み工事がほとんど完了しているので、我が家の耐震性能を左右する柱金物の確認に行ってまいりました。

柱金物の確認というのは、壁面の下地ボードが施工されてしまっては確認のしようがないので、上棟後早めに行わなくてはなりません。第三者監理の方のマニュアルにも非常に重要な部分のチェックであると書かれているので気が気でありません。

それでは早速現地にて確認してみよう!ってことで、第三者監理の方に頂いた取付け必要な金具の分類(引き抜き強度のレベルにより「い、ろ、は、に・・・」って具合にランク分けされている)及び位置の記載された簡単な図面を片手にチェックです。Cimg0883

まずは一階の玄関周りから。いきなりムム?怪しい・・・ ホールダウンアンカーの位置がずれているのを無理やり曲げて金具止めしたせいか、金具の取付け下部が微妙に曲がっている。これっていいのか?とりあえず帰って第三者監理の方に確認してみよう!(ちなみに結果はこれぐらいは問題なしとの返答でした)

Cimg0885

次に一階をグルグルと回って必要箇所を点検です。ここでもムム?怪しい・・・怪しすぎる~!!ってポイントを発見です。通常なら「へ」という分類の金物がつくはずの場所に「ほ」の部分と同じ金具が付いている。 強度的には「へ」>「ほ」なので心配である・・・ さらには釘も飛び出してるではありませんか~ これも要確認です。(ちなみに確認の結果「ほ」の場所にも「へ」の金物が取付けてあり、強度的には全然問題ないんだって~ よかった~)

Cimg0881

そしてその他に気になったのは、柱を切り欠いて金具を取付けてあるところが数箇所 オイオイ柱に傷を付けるなよ~って思ったんですが、マニュアルにも通し柱以外なら切り欠いても問題ないと書いてある。でも心配・・・ こちらも要確認である。(こちらも確認の結果、切り欠いてあるのは、通常の柱ではなく下地材なので全然問題な~い!ってご回答 ほっとしました)

続きましては、2階です。まだ階段は作られていないので、2階には作業用足場にて無理やり進入です。相方さんも登ってきたのですが、あまりの作業足場の不安定さに耐えかねて、2階部分には侵入出来ずに撤退しました・・・ まぁ、ハゲ象は前職で毎日のように10m異常の煙突に上る仕事をしていたので、怖くなんて感じませ~ん 時には、30m以上の煙突に登ることもありましたからね~ってどんな仕事なんでしょうね~(^0^)

2階に上ってビックリ! バルコニーが想像以上に狭い・・・ 狭いとは思ってたけど奥行きが全然ね~よ~ 下地の状況でこれなら、外壁貼ったらどうなるんだ!!

Cimg0887

まぁ、それは今更変更はできないので、置いといて、金具の確認に戻ります。とりあえず見て回ると、今度は金具の種類が違うんじゃなくて、なんと!あるはずの金具がない!!存在自体がないんです(^^; それも東と南の角の2箇所です。これってどういうことなの?  とりあえず、第三者監理の方に相談したら、確実ではないですが、まだ施工途中じゃないんですかね?って回答 それならいいんですが・・・・

とりあえず、今週の土曜日に第三者監理の方と現場監督との3者での確認作業があるので、その際に全ての確認を実施することになりました。

そんな感じで、柱金物の自主チェックが終了致しました。(←全然確認になってないですが・・・)

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ