フォト

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006年8月6日 - 2006年8月12日

2006年8月 6日 (日)

地鎮祭が終わったよ~

Cimg0705 本日は地鎮祭の日です。

朝から晴天というより暑すぎです・・・ ギラギラの太陽が我輩のハゲ頭を刺激します!反射攻撃~!!!

朝の10時から式典が始まるとのことで、まずは最寄の駅で我輩の両親をピックアップです。しかし、既に5分前・・・ かなりの勢いで現場に向かいます。 そんなこんなでなんとか1分ほど前にご到着(しょっぱなの式典に遅刻はしなかったものの、ギリギリセーフでどないするんだ施主さんよ~!って感じでスンマセン)。

到着すると、となり町の名も知らない神社(後日に訪ねてみてビックリ!結構デカイ厳かな神社でありました・・・)の神主さんが白装束で式典の設営をたった一人でやっておられました。ちょっとチープな感じの祭壇です(罰当たりなコメント・・・) 神主さんは既にかなりの汗だく つゆだくです。 御苦労様です。とりあえず今回の謝礼(玉串料)をお納めして、すぐに式典は始まります。

通常なら建築会社側からも設計担当や工事担当などが列席するらしいのですが、本日は土曜日ということもあり、設計さんは他のお客の打合せで手一杯、工事担当は他の現場の工事監理で参加はできませんってことでした。まぁ、それは予め聞かされていたし、別に来てもらっても気を使うだけなので、我輩と相方さん、そして、我輩の両親の4人の参加で式典は行われました。まずは神主さんのご祈祷に始まり、榊を神棚に時計回しに回して祭壇に奉り、盛砂に鋤(我輩の担当)と鍬(相方さん担当)を入れる作業などなど意外ときっちりとした厳粛な式は進んでいきます。なにやら呪文のような祈祷も続き 20分ほどかかって地鎮祭は終了しました。

その後に、神主さんから御札や鎮め物やお供え物を頂戴し、南東方向の角は我輩の大事な部分、南西方向の角は相方さんにとっての大事な部分なのでコンクリートなどで土地を埋めないで土が息を出来る状態にして常に清浄にしておくようにとのアドバイスを受けました。そして、神主さんからお米と紙吹雪?を四隅に撒いてお祈りをするようにとの指示で参加者4人全員でお祈りを行いました。

こんなにきちんとした式典をすると本当に家が建つんだな~って実感がして、神様がしっかり我が家を守ってくださることをお願いしました。(こんな時だけ神頼みです・・・) ちなみに謝礼(玉串料)は3万円 建築会社の指示通り、特にお供え物を持参することもなく 全て神社さんが手配して下さりました(ご参考までに)

その後は、みんなで近くのホテルでチャイナバイキングに行ってお祝いを兼ねて、食べまくりました。わざわざ式に来てくれて、お昼までご馳走してくれた両親に感謝です。

 さぁ~これから本格的に工事が始まります。まずは地盤改良、次に基礎工事・・・ってな感じで10月の終わりには家が完成するのです。それって早くない?!大丈夫か?って思いながらも、早く完成した家を見てみたいと思う本日でした。

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ